アンソロ問題に伴うCPについて

複数CP好きならば間違えなく起こりうる問題。

 

 

 アンソロジー問題が多く出ている現状間違えなく起こりうるだろうな、という話をつらつらと並べていく。

 

 私は隠しもしていないというかそもそも公言しているが複数CP好きである。

 エムマスにおいては、春隼・巻咲中心に様々なCPを(書くと多いので割合)

 アイナナにおいては、やまみつ・ユキモモなど。 

 

 

 今までアンソロの表現問題で起こったのは「当て馬問題」と「逆カプ」である。

 つまりABアンソロジーでありながらAB←Cや、BAが混じっていた、という事である。

 後者は解りやすいが前者は許すかどうかは人により蹴りだろう。

 私はそのアンソロを見ていないのでわからないがモブかメインかによっても変わるだろうし、メインすれば「Cは違うDとくっついてるのに…」「Cを巻き込まないでほしい…」などという意見が来るだろう。

 

 さて、ここから考えるのは複数CP問題の事だ。

 

 私はAB+CDが好き。AB+CD+EF…まぁとにかく好きだ。

 でも、ABアンソロジーなのだから主催によりけりなのだろうが「AB+CDが好きな人が多い」=「みんなAB+CDが好き!!」には絶対にならない。

 その事を理解しているので、私はCDアンソロジーに参加したことがあり(結局発刊されなかったのですが)その時に規約に「CD以外のカップリングは…」と書かれていた為、悩んだことがある。

 

 なぜなら固定厨の私にとってABはどのパラレルだろうが付き合って恋人同士であり、友達同士のABなんて書けない!という考えだったからだ。

 でも、そうしなければAB嫌いの人に失礼だろう、と思い「ABは付き合ってる…でも、それをCDは知らない……直接的な表現はいれていないしちゃんと友達同士に見えるはず…ABは友達、ABは友達…」と自分でちゃんとチェックして、主催側にも何も言われなかった、よかった!と思ったことがあるが、色んな騒動を見た後だと発刊されていたらどうだっただろうか?と内心思う。

 

 何分、私はABメインなため、「直接的な表現はないけど、AとBは付き合ってるんだな」「この作家はABメインだからそう感じられる」と思われる可能性は高い。

 つまり作者は必死で隠しているのに、読んでいる人にはそう見えてしまう危険性がある場合だ。

 

 

 例えばあからさまにABメインでCDが入る場合は「ABメイン本ですが、CDがあります」とかけばいい。

 それで嫌いな人は避けられる。注意書きは大事だ。

 

 しかし、問題は例えば私がユキモモアンソロジーに参加したとして、アイドリッシュセブンのメンバーが出てきて大和と三月が「なぁ、大和さん、今日のご飯どうする?」「んー?ミツの飯はなんでも美味いからなぁ…」「そういうのが料理作ってる身としては困るんだけど?」「実際、兄さんの料理は美味しいですからね…」「あはは、オレも三月のご飯はなんでも美味しいから好き!」「お前らなぁ…そうやってるから決まらないんだろうが」みたいな文章を入れたとする。

 たわいない文章だ。

 しかし嫌いな人、もしくは私がやまみつ好きだとしってる人から見ると

 

「三月は大和個人に聞いてる!!やまみつだ!!」

 

 と思うかもしれない。

 ほかにもある。

 私はsideMの硲享+じろ悠が好きなのだが、

 

 

 ラジオ同好会の次の活動で、315プロの男子寮でも何かできないかと二人が話しているときに、いきなり享介から悠介に電話がかかってきた。

 電話越しに聞こえるくぐもった享介の声はどこか泣いているように感じた

 

「……享介?」

 問いかけても享介は答えない。ただ鼻水を啜る音だけが聞こえる。

「享介?享介泣いてるの?」

「なに、享介泣いてるの?」

 どうかしたの、と次郎は前のめりになり悠介に視線を合わせた。

 

 

 はい、ゲーム本編をやってると「ラジオ体操同好会なんだー」と思う人もいるし、多分「これ、こまりさんはじろ悠好きだからじろ悠描写でしょ…?」と思う人もいるだろう。

 難しいところだと思う。

 「そんなことはありません」と言っても絶対に「だって取り扱ってるCPだよ?」とか言われたら何も言えないし、魔女裁判のごとく、そうなると当てつけのように言われていくんじゃないかな…と思えてきます。

 

 今までは主催や書き手が悪い部分が多かったけれども、今後はそうじゃない場合もたたかれてくるんじゃないかなぁとどうでもいい心配を今からしております。